スポンサーリンク

新三国志 城の選び方

今回は軍団長向けの記事です。内容は攻城する城の選び方です。攻城をする城を選ぶ際考える必要があるのは、城レベル、城ボーナスは何か(郡城まで一気に落とす際は県城も)、立地の3点です。
もちろん落とせない城を攻めても意味ないので、外交面、戦力面で落とせる城を選択してください。

スポンサーリンク

攻城対象城のレベル

レベルが高い程、落とすのが困難になる分落とした後維持しやすくなります。他軍団の持っている城を落した際、元レベルより成長している城はレベルが1落ちてしまいます。可能であればレベルの落ちない城がいいですね。

城の立地

採取中心のプレイヤーが多い軍団ではあまり気にならないかと思いますが、略奪中心の方が多い軍団では立地も重要になってきます。略奪をランダム遷都を使って移動している場合、領地が散っていた方がランダム遷都で移転後領地or領地近くに移転しやすくなり、略奪終了後指定遷都で戻らなくても採取時軍団領土ボーナスを生かしやすくなります。

城ボーナス

城ボーナスといっても2種類あり、城の元のレベル基準で決まってる資源量を1時間あたり追加で得る事ができるボナ(郡城の場合は銅弊生産量+~%)と城レベルの成長によって効果が等間隔で伸びる戦闘力アップや獲得経験値アップのボナの2種類があります。

今回は後者のボナについて詳しく解説します。

おすすめ城ボーナス

一部郡城、県城で同じ種類のボナがありますが、基本的に郡城と県城でボナの種類が分かれています。

郡城のオススメボナは、経験値上昇行軍演習兵籍奨励です。

全てに共通するのが盗賊狩りの効率アップです。

行軍に関しては、略奪、攻城、防衛等かなり汎用性の高いボ―ナスです。

兵籍は毎日のように戦争している軍団であれば1日で兵士を全快させるのに1つは持っておきたいボーナスだと思います。兵籍奨励に似た治療技術は負傷と死傷兵のバランスや、治療のキャパの関係で生かせる機会があまりないのでイマイチです。

県城のオススメボナは、増産系戦闘系です。

増産系はシンプルに割合強化で資源や銅弊を増やしてくれるので強いです。

戦闘系は郡城にもありますが、県城ボナは増産系以外微妙なので、相対的に戦闘系が優先度高くなってます。駐屯強化は駐留にも効果があるかどうかで大きく価値が変わりますが、まだ検証できてないので私の中では優先度低めです。

無課金~微課金の方におすすめの記事です

新三国志は比較的沢山宝珠が配れているゲームですが、その分用途も多くガチャ以外にも沢山使い道があります。 そのため無課金~微課金の方でも宝珠をどんどん使えるを方法を紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも拝見させていただき、勉強になっております。

    1点質問なのですが、城施設の歩哨所などに「解体」がありますが、これをやると投資した資源は戻ってきて再度どこかに建設できるのでしょうか?
    あるいは完全に消えてなくなるだけなのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • 秋マヨ(管理人) より:

      解体をすると30分のキャンセル待機時間後、歩哨所が消失します。残りの耐久値に関係なく使って資材は戻ろ事はなく、新たに寄付し直す必要かあります。