スポンサーリンク

新三国志 技法所まとめ

今回は地味に効いてくる技法の紹介です。技法所の強化タイミングやオススメ技法の紹介です。

スポンサーリンク

技法所自体の強化

技法所自体は政庁のアップグレード条件として22と28に政庁上げるために21と27レベルの技法所がそれぞれ必要になるので、兵装開発をするための政庁レベル20になったら次は技法所のレベルアップを優先してください。

また技法所は同じレベルの兵装所を開発する前提条件になっているので兵装政庁28以降も継続してレベルアップする必要があります。

技法開発、強化のタイミング

政庁20までは開発のみで基本スルーでも問題ありません。政庁20以降は建設のペースも落ちるので開発だけでなくレベルアップをこまめにするようにしてください。

技法紹介

基本的に技法所のレベルアップで新たに開発できるようになった技法は取り敢えず開発だけは解放時でもコスパ的に問題ないので開発してください。

各技法紹介でつかってるスクショは1鯖の開発状況です。

採取系

採取をしないプレイヤーはいないと思うので基本的に万弁なく上げていけばいいかと思います。敢えて特化するのであれば、募兵や視察で常時消費する兵糧の獲得速度を特化して、採取部隊も全て農園に送り、寝る前一気に数百の兵糧を換金するのがオススメです。

部隊強化系(加算強化系)

序盤は加算系でも戦力強化になりますが、後半になれば後述の武将強化系や部隊を割合強化する技法に比べてコスパ悪くなるので優先度が落ちます。後衛防御が前衛防御より弱いのは前衛程耐久をあまり意識する必要がないからですねー

倉庫強化、略奪力強化

倉庫強化は夜放置時採取から返って来た部隊の資源を保護できる量が増えるので、無駄ではないと思います。

略奪力強化はそもそも略奪をしない人は開発する必要すらないと思います。逆に略奪がっつりやる方なら優先して強化した方がいいですねー私の場合かなりがっつりやってるのでL4だと低い気がします。

武将強化系

武将を右から武力、知力、統率を割合強化する技法です。割合強化なので中盤はこの技法をメインに戦力強化していく形になると思います。この技法の良いところは2種資源で強化できるので略奪後等の資源調整に使えて強化しやすい点ですねー

防衛施設系、復興支援、耐荷訓練

防衛施設系3種一応開発してますが、防衛施設が完全に空気なので開発すらいらないと思います。

次に、復興訓練ですが戦争をがっつりやるかたであれば1日で繁栄度0からMAXまでに戻すためL2までは上げておいた方がいいです。

最後に耐荷訓練は、主にサブ部隊の採取時の獲得量を増やすことができますがそこまで優先度の高い技法じゃないかと思い私は1で止まってます。

部隊強化系(割合強化)

後半開発できるようになるスキルでこれの強化具合で部隊の戦闘力が大きく変わります。

基本的に各種開発優先して開発後はバランス良く強化するべきかと思います。うちの技法が偏っているのは検証等個人的な理由です。

無課金~微課金の方におすすめの記事です

新三国志は比較的沢山宝珠が配れているゲームですが、その分用途も多くガチャ以外にも沢山使い道があります。 そのため無課金~微課金の方でも宝珠をどんどん使えるを方法を紹介します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    技法 兵器 計略どれを上げていいか全くわからなかったのでとても助かります^^

  2. 名無し より:

    秋マヨさんは今現在この画像ぐらいのレベルなのでしょうか?